こんにちは!愛知県春日井市に事務所を構え、建物解体などに従事しております解体業者のiB建設株式会社です。
弊社では解体工事を担っておりますが、どのような流れで工事が行われるのか、わからない方も多いかもしれません。
そこで今回は、解体工事の流れについてお伝えしたいと思います。

現地調査後に見積もり


まずは現地を調査してから、見積もりをします。
解体業者の担当者が丁寧に接してくれるかといった点や誠実さを見極めることがポイントです。
また自身とフィーリングが合うかどうかも確認しましょう。
ほかにも見積書が明瞭かつわかりやすい業者を選ぶと、安心して工事を依頼できるでしょう。

近隣へのあいさつと配管配線の撤去

見積もりが確定して契約に至ったら、工事現場の近隣へあいさつをします。
工事をするとなると、近隣の住民の方に騒音などで迷惑がかかる場合もあるでしょう。
着工前に工事をするとの挨拶をしておかなければ、後にトラブルになってしまいかねません。
また電気やガス、電話といった配管配線の撤去が必要です。
これらを撤去しなければ、工事の際に危険であるため、工事日の2、3日前までに済ませておくようにしてください。

最後には清掃と整地を行う

いよいよ次は解体工事に入っていきますが、まずは足場や養生の組み立て作業です。
それから建物の内部を解体、アルミサッシや天井材、断熱材などを取り壊して撤去していきます。
その後に建物そのものの解体が行われますが、ここでは重機が活躍します。
解体が終わったら、地中に埋められている埋設物を撤去します。
撤去後には必ずきれいに掃除することが大切です。
解体工事で掘り起こしをした土地を平らに整備し、解体工事の一連の作業は完了となります。
解体工事を行った業者から引き渡しをしてもらった後には、滅失登記を受けなければいけないことを、覚えておいてください。

iB建設へご相談ください!


iB建設株式会社では、新たな解体工事などを承っております。
弊社の特徴は、解体工事後の基礎工事などをワンストップで手がけている点です。
またプラント設備解体工事では、大型重機を複数所有していることもあり、有害物質除去をしっかりと行っています。
高い経験値がありますので、ご安心いただけると自負しております。
さらに鉄筋コンクリート(RC造)建物解体は、最短2週間程度で対応可能です。
地上解体や階上解体も行っていて、見学も大歓迎です。
もし解体をご検討中であれば、iB建設株式会社にご相談ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


名古屋市などの解体工事・土木工事・基礎工事は春日井市のiB建設(株)
〒486-0803 愛知県春日井市西山町字西山1605番地12
電話:0568-90-6332 FAX:0568-90-6418
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする