こんにちは!iB建設株式会社です。
弊社は愛知県春日井市に拠点を置き、名古屋市や瀬戸市をはじめ東海三県で解体工事を行っております。
弊社が行う工事のひとつに「スケルトン工事」があります。
スケルトン工事とは、建物の構造部分以外を全て解体し、撤去する工事のことです。
店舗や事務所などのテナント物件を原状回復させるために行われることが多く、実施する際には注意すべき点があります。
今回はスケルトン工事を依頼する際、絶対に押さえておきたいポイントについてお話しいたします。

建物の構造や配管を把握しておく

指をさす男性
スケルトン工事は、建物の構造や配管などを正確に把握した上で依頼しましょう。
目で見えるところを見ただけでは、建物の状態を完璧に把握することはできません。
具体的には、コンクリートの厚みや配管の位置、電気配線の位置などです。
新築工事の際の図面などがあれば安心です。

解体する範囲を確認する

テナント物件の原状回復としてスケルトン工事を行う場合、借りたときと同じ状態に戻す必要があります。
どこまで撤去するかは物件によって異なり、特定の設備をオーナーの意向で残す場合などもあるのです。
事前にしっかりと解体範囲を確認することは、トラブルを避けるだけでなく、費用を抑えることにもつながります。

期間には余裕を持つこと

スケルトン工事は大掛かりな工事であるため、短期間では終わりません。
広さや構造によりますが、打ち合わせから完了まで最低でも数か月はかかります。
期間が短すぎると、解体業者によっては引き受けてくれないかもしれません。
期限が決まっている場合は早めに見積もりをとり、余裕を持って工事を依頼しましょう。

スケルトン工事ならiB建設株式会社へ!

電卓とノートと新緑
弊社は東海三県でスケルトン工事も承っております。
内装解体・原状回復のことならなんでもお任せください!
弊社では作業後の清掃なども行い、お客様に喜んでいただける工事を心掛けております。
施工に関してはしっかりとご説明し、低価格で安心のプランをご提供いたしますので、ぜひ一度ご相談ください。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。


名古屋市などの解体工事・土木工事・基礎工事は春日井市のiB建設(株)
〒486-0803 愛知県春日井市西山町字西山1605番地12
電話:0568-37-0355 FAX:0568-37-0356
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする