こんにちは!愛知県春日井市に拠点を置き、東海三県にて解体業者としてさまざまな解体工事を請け負ってまいりましたiB建設株式会社です。
人員が増えたりすると、オフィスが狭くなりもう少し大きい場所へと移転を考える企業さまもいらっしゃるかと思います。
今回はオフィスを退去する際に気を付けたいことについてお話ししたいと思います。

オフィスを退去するときはどんな工事をする?


借りていたオフィスから別の場所へ移転する際は、借りていたオフィスを退去しますよね。
その際には借りていたオフィスを元の状態に戻すなどの工事が必要となります。
内装解体には種類があり、スケルトン工事と原状回復があります。

スケルトン工事と原状回復の違い

スケルトン工事とは、入居する際の内装工事で作った天井や床などを含む全てを撤去する工事のことです。
その中にはエアコンや電気配線などの設備も含まれ、スケルトン工事を行うと建物自体の構造物以外何もない状態になります。
美容室や飲食店などの店舗を借りる際はスケルトンの状態で借りることが多いですね。
原状回復とは、最初に借りた状態に戻す工事のことです。
最初に借りた状態に戻すというのが原状回復となりますので、借りたときにスケルトンの状態であれば、スケルトンの状態に戻し、既に天井や壁がある状態なら天井や壁がある状態に戻す必要があります。

こんなことに気を付けよう

オフィスや事務所などは、借りる際に壁や床などがすでにオフィス仕様になっていることが多いかと思います。
ですのでオフィスを退去される際はほとんどが原状回復に該当するかと思います。
しかし、物件によって原状回復に違いがある可能性があります。
また、壁紙なども経年劣化なのか、故意に汚してしまったのかで対応も変わりますので、工事を行う前に契約書をきちんと確認し、必要な工事を行うようにしましょうね。

オフィスの退去でお困りの際は弊社へご連絡を


オフィスを退去される際に気を付けたいことについてお話ししましたが、いかがでしたか?
うちはどうしたらいいの?とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
オフィスの退去などでお困りの際はぜひ弊社へご相談ください。
お問い合わせページかお電話からご相談いただけます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


名古屋市などの解体工事・土木工事・基礎工事は春日井市のiB建設(株)
〒486-0803 愛知県春日井市西山町字西山1605番地12
電話:0568-90-6332 FAX:0568-90-6418
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする