家の解体が必要となるのは、「居住者がいなくなった場合」「家を建て直す場合」この2つのケースが大半でしょう。
そこで今回は、建物解体のプロであるiB建設株式会社が、解体工事を行なうのに最適なタイミングを伝授いたします!

最適な解体工事のタイミングについて

一般的に、住宅の敷地用に使用されている土地は「住宅用地」とみなされ、家主の税負担を軽減するために特例措置が設けられています。

しかし、家屋を取り壊して更地にしてしまうと「住宅用地」の条件から外れてしまうため、減税措置の対象になりません。
その結果、建物があった時よりも固定資産税の額が約5倍に跳ね上がってしまいます。

固定資産税の額は毎年1月1日の土地の状態で決まります。
そのため、更地の状態で1月1日をまたがないように、年内に解体をして所有権を放棄したり、新築への建て替え工事を済ませるようにしましょう。

ご相談はお気軽に

iB建設株式会社は愛知県春日井市を中心に、東海三県の各地にて解体工事や基礎工事などを行なっております。
解体工事では、なるべく低コストで安全なプランをご提案し、施工は経験豊富な職人が担当いたします。

業者をお探しの方は、ぜひ弊社までご相談ください。
みなさまからのお問い合わせを心よりお待ちしております。

最後までご覧いただきありがとうございました。


名古屋市などの解体工事・土木工事・基礎工事は春日井市のiB建設(株)
〒486-0803 愛知県春日井市西山町字西山1605番地12
電話:0568-37-0355 FAX:0568-37-0356
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする